【札幌の常識】北国の雪道はベビーカーの代わりにソリが活躍します!

こんにちは、関東出身の元転勤族妻のツマ野サシミです!

雪深い冬の札幌での子育ては、ソリが欠かせません。転勤で新千歳空港から札幌市外へ向かうバスの中から、道行く人がソリに荷物を載せて引いていたのを初めて見たときはとても感心しました。

札幌の暮らしに根付いたソリの活用をレポートしていきます!

冬はソリがベビーカー代わり

雪深い札幌では、普通のタイヤのベビーカーは使うことができません。冬の間はソリがベビーカー代わりに活躍します。カーブで曲がり切れず横転することもあるので道路に気をつけましょう。札幌の市街ではロードヒーティングがところどころにあり、ソリに乗ったりおりたり子どもも忙しいです。雪がないところでそのまま乗ってるとソリが削れて1年持ちません。

そりに乗る2才の子ども
公園からの帰り道、ソリに乗りながらウトウトする当時2才の息子

子どもをのせる

小さい子を連れて保育園へ向かうであろうお母さん達も、そりに子どもと荷物をのせて登園します。冬になると幼稚園や保育園の玄関にソリ置き場が作られるので帰るときまで置いておくことが出来るのです。

荷物をのせる

歩きで買い物へ行った日は、往きはこどもをのせて。帰路はこどもと荷物をソリにのせます。ホームセンターには荷物運搬用のジャンボソリも売っています。

うちの子どもが通った幼稚園では、特別な雪遊びデーの際にコレでソリ滑りをしました。大人1人と子ども3人くらいが一緒に乗ることが出来てとっても楽しいですよ!

個人で持っているという人はあまりいないと思うのですが、持ってる友人が一人だけいます。ソリを買ってきてとご主人に頼んだら、コレを買ってきてくれたそうです。大きくて車に載せるのも大変そうですが楽しそうですね!

雪山でソリ遊び

雪遊びで使うソリですが、とっても種類が豊富なんです!私が見たことがあるものを中心にご紹介しますね。

ちなみにソリを「ボブスレー」という道民の方もいます。

一般的なソリ

雪ソリ(ボブスレー)

ごくごく一般的なそり。いろんなカラーがあります。同じ物を持使ってる人も多いので、名前を書いておくと安心です。

ヒップソリ

持ち手と座るところだけのシンプルでコンパクトなそり。お尻だけで滑るそりです。

ソリ

家庭で作ることが出来る、米袋そり。幼稚園や小学校低学年で、冬休みのうちに各家庭で作って新学期に持参するよう言われます。

頑丈でとてもよくすべるので大人の人もぜひ一度体験してみてほしいです。

背もたれ付きソリ

小さな子でも安定して乗っていられるように背もたれがついているタイプ。

ブレーキ付きソリ

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ソリの左右にブレーキレバーがついていて、スピードを調整できる。ブレーキパーツが雪に引っかかるような作り。

大人用サイズのソリ

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

少し大きめのそり。子どもサイズだと足が出てしまい、ブレーキがかかってしまう。雪しぶきもかかってしまうので大人用ならしっかり収まります。

スノーバイク型こども用そり

大き目の雪遊び場では一人は見かける立派なそり。とってもかっこいい!

ハンドルで方向が操作出来たり、ブレーキもかけられる。金属製のため重さもある。

その他

スキー場のそりコーナーなどで見かける物もご紹介します。

スノーチューブ

浮き輪のような形のゴムチューブです。お尻だけ入れて、ウォータースライダーのように使用します。

ストライダー/スノーアタッチメント

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ストライダーをスキータイプに出来るアタッチメントもあります。トマムのスキー場に行ったときに初めて見かけました。自転車にもまだ乗れない5才、3才の子どもがスイスイ雪の上を乗れて楽しそうでした。

スノーキックボード

今年は義母からこれをクリスマスプレゼントでいただきました。

普通のそりでも一度はやってしまう立ち乗りが出来るものです。

シンプルな見た目に反して慣れるまでが意外と難しい!でも次男は何度もトライしているうちにコツがつかめたようで、スイスイ滑れるようになりました。コツは、前に出した足は延ばしたまま、後ろに置いたあしの膝を曲げて、クッションにしながら滑ります。

詳しくはこちらの記事に書いています。

【雪国の遊び】立ち乗り爽快!スノーキックボードはコツをつかむとスイスイ乗れて楽しい!

ソリの滑りが悪くなったらシリコンスプレーをかけよう

わが家ではソリを引く時に重さを感じるようになったら、雪に接する面にシリコンスプレーをかけます。すべりが良くなり、スイスイ進むようになります。

わが家は一般的なシリコンスプレーを使いましたが、キャプテンスタッグから離雪スプレーも発売されていました。

そりの他にスノースコップ、スノーダンプ等に使えます。雪離れが良くなるので雪かきがより快適になりますね。

注意点としては、火気厳禁であること。それから床に付着すると、とても滑りが良くなってしまいます。転倒やケガをしてしまう可能性もあるのでスプレーする場所に気をつけましょう。

私はシリコンスプレーはトミカのレールの滑りをよくするのに購入しました。他にも戸の滑りをよくしたり、意外といろんな場面で使えますよ!

北国の冬に欠かせないソリ。あなたに合った物を選んで雪国ライフを楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA